masaの食べる・遊ぶ!

私のブログにご訪問いただきありがとうございます!!季節ごとの美味しいものや景色を楽しみたくて、週末を中心に出かけています。 スマホで撮った写真と簡単な文章のみのブログですが、読んで頂けると嬉しいです!
1

立山・室堂 雪の大谷へ

ずっと行ってみたかった室堂へのお出かけです
ゴールデンウイークがめちゃくちゃ混むのは覚悟の上で
始発の6時少し前に到着しました

改札にもホームにも駅構内・構外どこをみても人だらけです

6時ごろでも駐車場も臨時駐車場までほぼ満車
この後、来た人たちはどうなるんだろう・・・・

わたしはネット予約で7時の便を取ってあったので、並ばずに済みます(^^)v
よかったぁ~あの列に並ぶ自信は全くありません(笑)

立山駅から室堂までは直行バスで向かいます
ケーブルカーに乗るのも楽しみだったけど、それは帰りのお楽しみです

美女平を越えると少しずつ雪も増えてきて・・・・

弥陀ヶ原あたりからバスの高さを越え始めました

室堂に到着!
ホテル立山も下半分は見えません(^_^;)

雪の大谷はまだ開門していないので
真っ白な室堂を散策です

とってもいい天気に恵まれて気持ちがいい~

おそらく”みくりが池”と思われるくぼみ
小さな動物らしき足跡がありました

その奥には地獄谷
硫黄の匂いと黄色く染まった雪

真っ白な景色を堪能した後は雪の大谷へ

綺麗に除雪されて歩きやすくなっています
人もすごいいっぱい(@_@;)

バスがどんどんやってきて、どんどんと人が増えていきますよ~
今年は去年よりも壁が高く、19mあったんだそうです

お昼近くになったので、早めに帰路につきました
今度は夏にもう少しゆっくりと来てみたいです


スポンサーサイト
0

富山県 氷見番屋街と海王丸パーク

ゴールデンウイーク5月3日は良く晴れた日
車で東海北陸自動車道を北に向かい、到着しのはここ!
氷見漁港 ひみ番屋街です

少し霞んではいますが、立山連峰がきれいに見えています

番屋街で美味しい獲れたての富山湾の魚をいただき、今度は射水市へ
ここには海王丸が展示されています
商船学校の練習船として長い間活躍していた船です

海王丸の中が見学できるという事で早速中へお邪魔します
階段の入り口の飾りがかっこいいですね

木の甲板も美しい
これは舵輪 帆走中は帆の状態を見ながら舵を取るのでここにあるんだそうです

ここは沿岸航海訓練や入出港する場合などエンジンで走る際に船を操縦する前部操舵室

宿泊室や食堂・居間なども見学できます

ここは8人部屋 左右に4人ずつ寝ることができる2段ベッドがあります
狭いけど、こういうところでちょっとだけ寝てみたいな~

1930年 神戸生まれ 川崎造船所で造られた船
わたしと同郷(笑)

地元なので、何度か船を見かけたことはありましたが、中に入ったのは初めてでした
小さな子供でも楽しめるようになっていて、年10回、総帆展帆も行われていて、明日5月4日がその日なんだって・・・
惜しかった(^_^;)


0

淡墨桜

4月16日に薄墨桜を見に行ってきました
満開を少し過ぎたあたりでしたので、まだたくさんの花を咲かせていました

逆光でちょっとわかりにくい・・・・
良く晴れて青空に桜の花がきれいに映えます

すぐ後ろにある薄墨観音さんいもお参り!

観音さんから見下ろした薄墨桜

樹齢1500年以上の貫録です

とても過ごしやすい日だったので、たくさんの人が訪れていました

ちょっと角度を変えてもう一枚パシャリ!

薄墨桜から駐車場までの坂道から北側を見ると、白山が見えていました
薄墨桜を見に来たら、この白山の姿も必ず見たくなるのです


薄墨桜は樹齢1500年以上、見事に毎年きれいに花を咲かせています
迫力と同時に、少しはかなさを感じるのです
また来年も来よう~(*^_^*)



0

美濃白鳥のだるまやさん

雪の美濃白川、北濃駅に出かけた時に立ち寄ったお店です

国道に面していて駐車場が入りやすいお店がいくつかありましたが
なんとなくこのお店がピンときたので決めました

その勘は当たっていたようです
炭火焼き!焼き魚定食!!このメニューを見た時に確信です

入り口を入ると左手に厨房とその前に眺めのカウンター
カウンターの向かいにはいくつか座敷があり、そのうちの一つに通していただきました

4人用のテーブルが一部屋に2つずつ置かれていて、どの部屋も個室づかいができるようにふすまで仕切られていました
席に着き、温かいお茶をいただきながら・・・・どのお魚にしようかと迷いましたが、カレイに決定!

お昼前でしたが、半分以上の席が埋まっていたので、早めの決断でよかった~
20分もしないうちに魚定食が到着です

焼き魚が美味しいのはもちろんの事ですが、炊き立てご飯も炊き合わせもとっても美味しくいただきました

いつもこの辺りにお出かけするときはひるがの高原まで高速道路を使ってしまうのだけれど
ここがあるなら手前で降りて食事するプランもいいなぁ~と思った私でした



関連ランキング:郷土料理(その他) | 美濃白鳥駅






0

長良川鉄道越美南線 北濃駅

少し前のお出かけです

雪のちらつく天気でしたが、美濃白川まで行ってきました

到着したのは長良川鉄道 越美南線の終着駅である”北濃駅”です
この先に行こうと思うと公共交通機関はバスですが・・・本数がかなり少ないです(^^ゞ

無人駅なので切符の販売はありませんが、ここの駅の切符が欲しい人は他の駅で買えるそうです

お昼過ぎについて、駅を見ようと思っていたら電車がちょうど到着しました
雪の中、どこが線路なのか・・ってくらい 電車が来るからわかる(笑)
白い風景に赤が映えてきれいですね~

・・とよく見ると”観光列車ながら”です
1日に1本しかない観光列車の到着に遭遇出来てラッキー!!

絶景を眺めたり、なかで食事をいただいたりしながら、美濃太田から北濃を往復する列車です
一度、乗ってみたいです

色んな方向から列車の写真を撮っていましたが、やっぱり寒い・・・・
駅に温度計があったので、気温はどれぐらいだろうと見に行ってみました
やっぱりマイナスかなぁ~と思いながら近づくと・・・・
水銀柱ないやんかっ(笑)

そろそろ車に乗ろうと駅舎を横切ると、壁にこんな掲示がありました
手回り品の制限・・・・・石油缶って・・・・一斗缶の事ですよね
私の年齢ならわかりますけどね(^_^;)
分からない人は長さや重さを見ればいいですが・・・・

なんだかいい雰囲気を醸し出しているので、このまま撤去せずに残しておいてほしいです



2

開田高原へ

2月19日 またしてもいい天気だったのでおでかけ((笑))
今度は木曽路へ
木曽福島の道の駅で、目的地である御岳山が見えていました
思っていた通り、良く見えています(写真は看板にピントが合ってしまって失敗・・・)

目的地の開田高原につきました
”ふもと屋”さんです

駐車場から入り口まで
雪で真っ白です

いい天気で解かされた雪が屋根からせり出しています
その先から下がっているツララがキラキラしていてきれい!

これが食べたくてやってきたんです
とうじ蕎麦!

とうじかごにお蕎麦を入れて温めていただきます
お店によってこのお出汁の味が違いますが、私の好きなのはここ”ふもと屋”さんですね~

お腹がふくれたので木曽馬の里までやってきました
車道はきれいに除雪されていますが、駐車場や歩道は真っ白

御嶽山ももちろん真っ白!

左側に少し噴煙が見えますが、落ち着いた表情です

途中の県道のビューポイントから御嶽山を見てみました

開田の街中・・・この辺りは夏にはトウモロコシ畑になるところです
雪の壁ができていました

この前は富士山三昧
そして今回は御嶽山
富士山はもちろん美しい山ですが、私の好みはこっちですね
山もいいけど、食べ物も美味しいんです(笑)


0

富士山巡り

2月15日、滅多にない平日のオフ日
朝起きたら、めちゃくちゃいい天気です
これはドライブするしかないっ!!!って事で静岡方面に出かけてきました

到着したのは薩た峠
ここは歌川広重が東海道五十三次の浮世絵に描いた場所で有名です
お天気に恵まれて素晴らしい景色です

さつた峠の説明と、景色がよりよく見えるようにこんな展望台もありました
駐車場は数台程度、途中の道はとても狭くてすれ違いもしづらい場所でしたが頑張ってきた甲斐がありました

次に来たのは三保の松原
これまた景勝地として超有名な場所
富士山世界文化遺産の構成資産に登録されたので観光客もたくさん来ていました
まずは羽衣公園付近で砂浜に出て富士山を眺め

松原を更に進んでいくと富士山が近付いてきたのはいいんですが・・・黄色いクレーンが・・・・
丁度散歩に来ていた地元のおじさんに、「こんなに綺麗な富士山はなかなか見れないよ」と声をかけられました
おじさんの話によると、砂浜が段々と減っているんだそうです
そのためクレーンでテトラポッドを設置したり、ダンプで砂入れをしているんですって

お話し好きなおじさんにお礼を言って次に向かったのは日本平
石垣イチゴで有名な久能山の北側です

展望台付近にある一本の桜の木がきれいに咲いていました

ウグイスが数えきれないほど来ていて、必死で写真を撮りましたがあまり撮れず・・・・
やっぱりアイフォンだとこれが限界ですね(^^ゞ

ここから見下ろす海と清水の街と富士山です
今日は本当にいい天気で全然雲が現れません
めちゃくちゃラッキーです(*^_^*)

さっきの桜の木で必死にウグイスを撮っている人がいました
スマホで撮っているようです、頑張れ~~(笑)

本当に素晴らしい景色がたくさん見れた一日でした


0

可睡斎ひなまつり

1月29日 静岡県袋井市の可睡斎まで行ってきました
徳川家康公ゆかりの曹洞宗の禅寺です
目的は可睡斎のひなまつりです

立派な総門をくぐって中に入ります

山門の脇には仁王像が!

くぐるとすぐ左手に輪蔵堂がありました

「輪蔵」を時計回しに一回転させると「大蔵経」を修学するのと同じ功徳を得られるとされているそうです
さっそくグルっと一回転させていただきました

瑞龍閣の入り口から中にお邪魔すると、等身大のお雛様がお出迎えです

廊下を進んでいくとたくさんのお雛様が並べられていました
お庭を眺めながら並べられているお雛様をゆっくりと見ながら進んでいくと

そして大広間に入ると32段1200体のお雛様!すごい迫力です
係りの方が人形供養として持ち込まれたものだと説明してくださいました

他のお部屋には傘福や

室内牡丹展もあり、広い建物内をぐるりとゆっくり拝見させてもらえました

撮影は控えさせていただきましたが、本堂にも入らせていただきました

日本一の東司(とうす) 男女兼用のトイレがありました
中央の壇上に烏枢沙摩明王が祀られていています
天井や壁の飾りも見事で独特の雰囲気がありました

外に出てから秋葉様にもお参りし

更に奥の山を登り、奥の院の方向に進んでいくと
「出世六の字穴」がありました
戦国時代、徳川家康は武田信玄との戦いにおいて遠江・森・袋井方面へと攻めてきた武田勢に追われ、この寺のほら穴に隠れて命拾いをしたそうです
その後、家康は浜松城主となり、やがて駿河城、江戸城などを築き国を平定し、江戸幕府を開いて将軍となったので、出世六の字穴と言われているそうです

まだ寒い日でしたが、お雛様を見るだけで春が来たような気分になりました




2

「てりょうりおおや」で創作料理

自宅からさほど遠くない「てりょうりおおや」さんでランチをいただきました

美濃加茂の静かなエリアの古民家で「季菜口(きっさこ)」というお店があったんですが
少し前に多治見に移転してこられたお店です

近くなるといつでも行けると思い、なかなかきっかけがつかめずにいましたが、
職場の仲間といっしぃに伺いました

季節の食材を使ったおまかせランチです
前菜のゴマ豆腐・飛騨牛等 見た目も味も美味しくいただきました

魚料理

ロールキャベツ

菜飯とお味噌汁
どのお料理も素材の味が生きていて、素朴で優しい味わいです

最後のデザートは、甘さ控えめのおぜんざいにアイスクリーム!

量は女性にちょうどいいぐらい、男性は物足りないかもしれません

そして、私の食べる量は男性並みかもしれないので、もう少し食べたかったなぁ~という感じでした(笑)
でも、これぐらいが丁度いいのかもしれません(^^ゞ



関連ランキング:創作料理 | 多治見駅小泉駅






2

岐阜市hiroさんで坦々麺と小龍包ランチ

岐阜市、伊奈波神社に初詣に行き、前から行ってみたかったhiroさんにお邪魔しました
12時少し前に到着したのですがすでに満席(;_;)

やっぱり予約が必要だったかぁ・・・・・と諦めかけましたが、
やっぱり食べたい!!と思い待つことに
寒くて雨が降っている中、辺りをウロウロして時間をつぶし
1時間待ってようやく席が空きました

「寒い中、お待たせしてごめんなさいね~」と出迎えてくださいました
この一言で、心が温まる(*^_^*)

汁あり坦々麺のランチを注文
しばらくして前菜がやってきました
ホワイトアスパラの豆腐、タコときゅうりの酢の物
上品なアスパラの香りと味、プリプリのタコが美味しい!

次に小龍包!一滴もこぼすまいとレンゲにのせて熱々をいただきました
そのまま食べても美味しいし、添えてある黒酢生姜をのせて食べても美味しかった!

相棒が頼んだのは「鶏と青菜の塩そば」が土鍋に入って運ばれてきました
あっさりとした中に旨味たっぷりで、細い麺とスープがよくからんでいます

そして待ちに待った「汁あり坦々麺」
マイルドなスープと少し辛味のあるミンチ肉
あまりにおいしそうで、写真を撮る前に一口食べてしまいました(´∀`*;)ゞ
混ぜた後の画像でごめんなさい・・・

そして最後の〆はデザートの杏仁豆腐です
とっても美味しくいただきました

店内はシンプルでおしゃれ、女性の方が多いような印象です
今回は坦々麺にしましたが、蟹玉ご飯も麻婆豆腐も黒酢サンラー麺も食べてみたいなぁ
次は予約してお邪魔しよう!



関連ランキング:中華料理 | 名鉄岐阜駅岐阜駅田神駅